支払遅れると利息がかかる

財布

メールサービスを活用

キャッシングの返済期日は、消費者金融によってですが大きくわけて2通りあります。約定日制とサイクル制の返済方法です。約定日制の返済方法は、毎月決まった日に支払期日を設定して、その日までに入金します。毎月何日が支払日と決まっているので分かりやすいです。サイクル制の返済方法は、35日サイクルであれば初回の返済日は借入れした翌日から35日後が返済期日になります。そして支払期日がきて入金をしたら、今度は支払いをした翌日から35日後が返済日となります。35日待たなくても20日目で入金することもでき、入金した翌日からまた35日後が返済期日となるとで、毎月何日と決まっているわけではないのです。約定日制と比較して、返済の猶予が長いことがこの返済方法のメリットですが、返済日が毎回コロコロと変わるので返済管理には注意をする必要があります。返済を忘れないようにするために、キャッシング会社ではメールサービスを行っているところもあります。メールアドレスを登録するだけで、支払期日が近づけばお知らせしてくれるサービスです。契約時に登録することもできますが、利用開始後に登録や解除をすることができます。キャッシングの返済は、日割り計算となっています。借入れしてから1日経過するごとに利息が増えていきます。キャッシングの利息の負担を軽減させるには、余裕があるときなどは多めに入金することで元金を減らします。元金に対して利率がかかるので、残高減少とともに支払利息も減っていきます。